7月26日(川上温泉登山口~火口原~弘法清水小屋~磐梯山~弘法清水小屋~火口原~川上温泉登山口=猪苗代=郡山=盛岡) 天候:晴
<裏磐梯川上温泉より磐梯山往復、帰途>

ウトウトしつつも寝れたみたいだ。3時過ぎには起き、朝食を摂った。ツェルトを畳み、ザックを神社の前に置き、出発しようとしていた。「4時位には出発できればいい」、このコースは結構長くそれで出発時間がこんなに早くなるが、川上温泉の旅館や民宿は磐梯山に登るのに時間がかかる事など頭にない様だった。そういう点を考慮した結果前夜あの様な行動に至ったのだろう。3:50に登山口を出発した。まだ薄暗く、道がどこから山道になるのかわかり辛く迷ったが、やっと登山ポストを発見した。

登山者名簿に記入し、4:16にようやく始動開始した。樹林帯の結構草が被ったコースだ。20分程で二股の分岐で、川上温泉より500m位北からのコースと合流する。最初は非常に緩やかな道が続いたが、いきなり急になった。その間にオナモミみたいにくっ付く種が足に一杯付いた。樹林帯を抜けると裏磐梯らしい荒々しい風景が見えてきた。途中石に「いらっしゃいませ川上」と白いペンキで書いてあった。いよいよ黄土色の土に所々しか木が生えていなく、目の前に岩肌むき出しの山容が窺える火口原となる。時刻は大体6時位だった。

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

ペンキ印を元に火口原を突っ切り、いよいよ急な岩肌を登る。とはいっても所々に階段が続いている。後ろには銅沼が見え、更に奥には桧原湖が望めた。登り詰めると分岐となり、磐梯山の頂上部や櫛ヶ峰も見える。磐梯山の表と裏では山容が違うと本で見たが、それにしてもこんなに違うものだという事を実感できた。会津若松や猪苗代から見ると独立峰ですっきりした山容だ。所がこんなに荒々しい光景を目の当たりにするとそういう違いがあると感じないわけにはいかない。頂上を見ながら目指して行く。途中「黄金清水」が湧き出していた。それも滾々と湧き出していた。ガイドブックには載っていなかったが、旨い水だった。水筒にも詰めた。7時過ぎにようやく弘法清水小屋に着いた。これまで登山口を出発してから人に出会わなかったが、ここでようやく人と出会った。弘法清水の水場の出は良くなかった様だ。7:30近くに出発、いよいよ最後の登りだが杖を持ったおじいさんも登っている。彼を途中で抜かすが、もうラストスパートだ。

 

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

 

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大
クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

 7:45過ぎにようやく磐梯山の頂上に着いた。遅れておじいさんも登って来た。彼は80歳だと言う。「磐梯山は今年までだと思って来た」と言い、頂上の一角に石が山積みになっているが、子供達がいたずらしてどんどん高く積み上がったら危ないとブツブツ言いながら石を一つ一つ下に降ろしていた。あと那須岳のお話もしてくれた。私は彼に証拠写真を撮ってもらい、彼の写真も撮った。彼のカメラは立派な一眼レフ(ニコン、ミノルタ(?))で、「こんなお年で最新のカメラを使いこなせて凄いな」と感じさせられた。しかも私のカメラよりズシリとくる重みがあった。頂上の展望は360度だったが、猪苗代湖にはガスがかかって見えなかった。西側の猫魔ヶ岳の方はスキー場のコースで痛々しかった。更にその奥には飯豊連峰が望めた。磐梯山はおじいさんに乾杯だ!

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

8:20に出発、15分程度で弘法清水に下った。登山者も増えてきた。小屋は売店専用で、もう営業していた。ここで宿泊はできない。私はうちわを買ったが、アルバイトの学生が2・3人いた。彼らに長年の疑問であった「玩具メーカーのバンダイと磐梯山のバンダイとは関係があるのか?」という質問をした。彼らの答えは「知らない」であった。やはり地元の人間に聞かないとわからないのかな(?)。ちなみに彼らは山で寝泊りする事たったの3日間だという。岩手山の小屋番は9日間もあり、これは長い。又、彼らはこの日下山するとか。

8:50近くに出発、下って黄金清水を汲む。この後道を間違えたみたいだ。「渋谷」方面となっていた。一部で指導標がなく道を間違えたのか。櫛ヶ峰を目印にし、強引に北へ突っ切る。そしてやっと川上温泉への分岐に出た。今度は桧原湖を望みながら階段を下る。この階段で2人ばかり出会った他はこの後登山口に下山するまで誰とも会わなかった。再び火口原に出る。一時印を見失い迷う所だったが、冷静に印を探して進路を見つける。そして再び樹林帯に入るが、うんざりする程の下りだ。そして道は狭く人はいない。そんな道が延々と続く。11:30頃にようやく二股の分岐が現れ、「あと少しだ」と思った。更に下り、建物が見えてきた。やっと登山ポストに到着し、そこで下山時刻を記入した。

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大

お昼近くに川上温泉登山口の温泉神社に到着し、ようやく下山した。お土産の袋を外に一つ出していたせいか、何者かに駄菓子をすっかり食べられてしまったのだ。いったい誰だ?べろせんべいは無事だったが。山の後はもちろん温泉という事で、唯一の旅館(民宿を除く)ホテル寿へと向かった。まるで人気がなかった。入浴料500円はちょっと高いと思いつつ払った。自動販売機が1つあったが、何と電源コードがつながっていなかった。この宿の状態が窺われそうだ。オレンジア100%を出そうとしたら果汁10%のサントリーエードが出てきたのだ。「出てきたものが違う」とフロントに言ったが、最初は「同じものじゃないか」と言われた。果汁100%と10%じゃ同じオレンジジュースでも全く同じものかって、違うではないか!それでもわかってもらえ、返金してくれた。温泉は5人位入れる程度の浴槽と洗い場が3人分位しかないものだった。「これで500円かよ!」、私がこの5月中旬に岩手の鶯宿温泉のある旅館でも同じ様な思いをした。このホテルに泊まれば13000円、泊まらなくて良かったと感じられたものだ。

山の汗を流し、疲れを癒せたか(?)という訳でこの後バスで猪苗代駅に戻った。駅のそばにあるバスターミナルから磐梯山が望めた。会津若松市街から望める様に均整の取れた山容だった。この日も暑かった。この夏は暑い。そして郡山行きの普通列車に乗り、郡山で仙台行きの新幹線に乗り換えた。下り線に乗るのは初めてである。仙台で盛岡行きに乗り換える。その間に弁当を買って食べる。今度の自由席で混んでいた。次第に空いて座れたが。17:28に盛岡駅に到着し、山旅は終わった。又、この旅程で結局「バンダイ」の謎は解けなかった。それにしても磐梯山にいたおじいさんは凄かったな。

クリックで写真拡大 クリックで写真拡大 クリックで写真拡大
コースタイム
3:50出発
川上温泉登山口 まだ暗い事もあり迷ったが登山ポストを見つけて4:16に始動開始。
4:38到着 二股 まだコースは始まったばかり。
4:42出発
5:12から 休憩
5:20まで
5:45頃に

到着火口原(分岐)表磐梯とは違った荒々しい景観が展開する。6:08から休憩 6:17まで6:37通過噴火口上部(分岐)磐梯山の頂上見え、東側には櫛ヶ峰が見えた。7:12到着弘法清水小屋小屋は売店のみで開こうとしていた。この辺りから登山者が見られる。7:24に出発したが道を間違え戻った。80歳のおじいさんがゆっくり登っていた。7:27出発7:46到着磐梯山おじいさんも登頂。360度の展望だが猪苗代湖方面はガスがかかっていた。猫魔ヶ岳や更に奥には飯豊連峰も望めた。8:20出発8:34到着弘法清水小屋小屋にアルバイトの学生がいたが、「バンダイ」の謎は解けず。小屋でうちわを買った。出発してから何回か迷いそうになった。長い樹林帯を下る。8:48出発11:28到着二股あともう少しだ。11:31出発11:45到着川上温泉登山口ついに下山、しかし置いていた駄菓子が何者かに食べられた様だ。その後ホテル寿で温泉に入り、その後は帰途についた。

 

アルバム1 アルバム2
地図

3D図

断面図

 

 

現地案内地図(Mapion)は以下をクリック