04年7月1日に「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産の登録が決まりました。これらは熊野三山・高野山・大峰の3霊場とこれらを結ぶ熊野古道や大峰奥駈道・高野山町石道の参詣道で構成されています。建物や自然だけではなくこの様に道や宗教文化までも登録されるのは国内でも初である。

旅程・縦走中随所で「世界遺産登録へ」の文字を目にしてきました。大峰山・山上ヶ岳では今尚女人禁制を貫いており、世界遺産登録に向け国際的に開かれる山として女人禁制は是か非か注目されました。女人禁制の案内板は英語でも書かれていましたが、外国人女性にどれだけ理解されるかが問題といえます。ただ国際的に見ても世界遺産の登録されている所で女人禁制の場所はあるそうです。結局そのまま世界遺産に登録され、大峰山寺では女人禁制は尚守られそうである。