9月下旬の伊吹山や冠山に登った中部遠征以来、山に登れない状態が続いていた。10月以降は冬場の仕事が始まり、まとまった休みが全くない事もあってなかなか動けなかった。このまま登らなければ数年振りのワースト記録になってしまう。又、天神山は2013年夏以来約5年振りとなるが、当時は経済状況が厳しくなり、8月なのにこれしか足を運べないという情けない状態でした。今回は酵素風呂に入った後に足を運んだが、いつもであれば酵素風呂に入る前に足を運ぶので異例である。夕方市内西岡の酵素風呂に入ってから相馬神社まで行くが、車は2台ばかり止まっており、その横に止める。

17:50過ぎに出発、いきなり急な車道で、端の方を転ばない様注意して登って行く。数分で緩やかになれば頂上部で、相馬神社本殿や社務所が見えてくる。左手前には相撲場も見られる。出発してほんの数分、18時近くに天神山の頂上である相馬神社の拝殿に着いた。ここで証拠写真を撮ってから下山するが、下りは足元に注意して行く。帰りに平岸街道を北上していったが、例のスプレー缶による爆発事故の遭った現場は片側1車線規制が続いており、土嚢がいくつも積まれていた。あとは家路に着いた。

[Gallery not found]

来年は平成最後の年になるそうですが、最後の山に登れれば4月という事になるでしょう。ここ2・3年は葬儀や法事が4月に集中しており、なかなか動けなかった。もし4月に登れなければ、これが平成最後の山となってしまう。何とか最後に三角山でもいいので登れればという感じであるのですが。