8月25日(札幌=小樽(フェリー出港)) 天候:くもり
<小樽港から出港、マイカーで4年連続新潟へ>

14:45過ぎ出発、程なく札幌新道に出て西へ走らせる。思ったより時間がないので、15:15頃札幌西ICから札樽道へ入るが、所々21車線規制が行われている。張碓トンネルまでも1車線規制となっている。後志道分岐である小樽JCTを過ぎれば間もなく15:30頃に朝里本線料金所を通過する。2つのトンネルを抜けて15:33頃小樽ICから臨港線に入り、次の交差点で右折する。フェリーターミナル手前のエネオスSSで給油し、新潟入港してからに備える。

15:45頃フェリーターミナルの乗船駐車場に車を止めるが、お盆を過ぎた事もあって空いている。ターミナルビル内で受付をするが、コロナウイルスの影響もあってガン型体温測定器で検温を受ける。乗船は16:15からとの事で、車内に戻って待機する。ターミナルの駐車場からは天狗山や毛無山方面が望める。マイカーでの道外進出は2017年から4年連続となるが、いずれも新潟で入港若しくは出港している。

16:15過ぎに誘導されて車は乗船し、止めてから必要な荷物を持って車から出る。ロビーに上がってから自分の部屋に行き、大きな荷物を置く。ロビーに戻ってしばしくつろぐ。フェリーは17:15に予定通り出港という事でした。やがて窓からは積丹方面が望めてくる。19:20過ぎ夕食レストランへ向かうが、今回はビーフシチューごはんそして味噌汁1,020円とする。この時間にはカフェや売店も営業してきた。今年はコロナウイルスの影響か、例年やっているビンゴゲーム大会はない様だ。21:30の放送で島牧沖を航行中との事でした。21:40から浴室で入浴し、22時ぎりぎりまでには出る。部屋は電波が悪いため、ロビーでゆっくり過ごす。0時近くなると電波のつながり悪く、部屋に戻って寝る。