7月7日(なよろ温泉=登山口(ゲート)~ピヤシリ山~登山口(ゲート)=名寄=士別=札幌) 天候:晴後くもり
<グダグダしても7年振りにピヤシリ山に登頂、帰りは・・・・・>

未明に一旦名寄市街に戻り、セイコーマートで氷と水を購入し、水筒に氷を入れれるだけ入れる。そして一路登山口へ向かう。登山口に戻り、一眠りする。7:30過ぎに起きるが、前日からのグリーンカレーを調理して味わう。晴れ間や日差しがあり、いつ出発してもいい感じであった。というか雨が降らないうちに出発し、早く終わらせたい所だった。しかし、どうも調子が戻らず、グダグダしてしまった。昨年は断食明けの日に車で移動して晩に登山口まで行き、翌日しっかり富良野西岳を往復したのですが。

12時近くにようやく出発、ゲートを抜けて林道をたどって行き、緩やかな登りとなる。やがて前方に稜線が望めてくるが、また見えなくなる。12:20に「ピヤシリ山頂あと1km」と書かれた標識を通過する。行程が約半分といった所である。全般的に緩やかであるが、時折緩い登りになったりする。喉が渇いたりだるくなってきており、12:50過ぎから一旦休憩して水分を摂る。やはり例年に比べて本調子ではないのか。13:10過ぎに出発、あともう少しで山頂緊急避難小屋であるが、大きくカーブになっている。13:20に山頂緊急避難小屋を通過するが、冬季のサンピラー観察に利用される事も多いという。林道はここまでであり、山道の入口に「ピヤシリ山頂」と書かれた標識があり、ここから山道となる。緩い登りを少し行くと緩やかになる。ハイマツも現れ、頂上はすぐである。

13:30近くにピアシリ山の頂上に着いた。8年前の9月以来の登頂であるが。頂上はだだっ広く、展望は360度で、名寄市街や下川市街が望め、周辺の山々も望める。空はくもりつつあるが、雨はぽつぽつ降るかどうかである。しばらく草の所で横になる。14:30過ぎに出発、山道を下って行く。14:40近くに山頂緊急避難小屋を通過するが、付近にシカが現れるもの、すぐ逃げて行った。あとは登山口までひたすら林道をたどるのみとなる。15:10にあと1kmの所を通過する。15:30登山口に着いた。靴を履き替え、スマホを車からの充電に接続する。昼食は下ってからにしようとしていたが、パンなど少し腹に入れる。

16:07に出発、林道を名寄方面へ下って行く。なよろ温泉サンピラーの手前の脇に車を止めて家に電話をかけたが、つながらない。温泉からは舗装路をたどり、やがて名寄市街へ入る。名寄駅前を過ぎた辺りで右折し、国道40号線へ左折してひたすら南下していく。17時過ぎに士別市街に入り、SSでガソリンを給油する。そしてビッグハウスに行くが、スマホ充電で100%になり家に電話するが、夕食が用意してあるとの事で、遅くは帰れない様だ。札幌は雨じゃんじゃん降っているというが、士別は降ってない。おみやげに見切り品のラム肉とズッキーニなどの野菜を購入するが、昨年はあったしずおサフォークがなかった。

時間がないので改めて温泉に入れないのは残念であるが、一旦しずお山荘付近に行き、車内で着替える。国道40号線に出て程なく19:10頃士別剣淵ICから道央道に入り、一路札幌へと走らせる。雨がポツポツ降ってきた。19:40頃旭川鷹栖ICを通過するが、以後4車線となる。20時に深川JCT付近を通過し、更に走って行く。岩見沢辺りから雨となり、スリップ注意である。やはり札幌が雨と言っていた通りだ。21時頃札幌ICから道央道を出て国道274号線に入り、21:10頃自宅に戻った。